2017年07月24日 22:01

PINK CRES. 1st LIVE〜crescendo〜(新宿初単独公演)夏焼雅の本気

昨日は19:15から新宿ReNYで行われた
PINK CRES. 1st LIVE〜crescendo〜
を観てきました。
PINK CRES.の初単独公演になります。
PINK CRES.のイベントやゲスト出演を観る機会がなかったので、
パフォーマンスを生で見るのは初めてでした。


[会場]

入場時に係員がピンクサイリウムを配布していました。
一瞬、有志の方が配ってるのかと思いましたが、
有志ならスタンディング会場なら外での配布がメインになって、
会場内でも手分けして配布しますが、
入場列で一人が一人ずつ渡していく配り方は
スタッフにしか出来ませんね。
何事も最初が肝心で、
LoVendoЯが田中れいなカラー一色になってしまった反省からの
紫だらけになってしまわないための予防措置なのかもしれません。
もちろん光り物を持って来てない人にも使ってもらって
盛り上げたいという意図もあったと思います。
グループの公演で会場が一色に染まるのは個人的にはメロン記念日以来。
こぶし・つばきもせっかくユニットカラーがあるのだから、
メンバーカラーは廃止した方がいいのかもしれませんが、
そっちはメンバーカラーがある方がグッズを売りやすいんだろうなあ。(笑)

ドリンク代は600円でアルコールあり。
ジンジャーエールだと思って選んだボトルが
スミノフアイス ジンジャークラッシュでした。(笑)
普段飲まないけどお酒に弱くはないので問題なし。
缶酎ハイ(氷結)もありました。

女性専用エリアは下手側。
1階上手は関係者エリア。
2階も関係者席。

ステージ上にはDJ卓。


[公演]

2階上手後方に夏焼雅の従姉妹で元AKB48/NMB48の藤江れいな。
隣に田村芽実似の子がいましたが、
AKBバイトとかいうシステムの繁藤冬佳という子だったようです。
https://twitter.com/nya_n017/status/889110023640498183
藤江れいなの隣におばあちゃんが2人座っていて、
2席隣の方の方と喋っていましたが、
夏焼雅のおばあさまかも。

19:12に開演前のアナウンスがあり、
2階上手前方に徳永千奈美登場。
すぐに見つかってピンク一色だった会場に
オレンジのペンライトが混ざるようになりました。
私も意味なくオレンジに。
徳永千奈美もすぐに反応。(笑)

開演直前に鈴木愛理も登場して徳永の隣(ステージ側)に座りました。
こっちはペンライトの色を変えようがありませんでしたが、
客に反応してました。
2人の格好はこんな感じでした。
https://www.instagram.com/p/BW5I3xWB2_l/?taken-by=airisuzuki_official_uf

19:21にBGMが流れて車のエンジン音が流れて開演。

影アナでラジオ番組「HELLO! DRIVE! -ハロドラ-」風に始まり、
先ほど終わったばかりのPINK CRES.の初単独公演の模様を
番組中に流すという設定。

上手袖から軍隊の行進のようにゆっくりとメンバー登場。
ダンサーが2人混ざって5人でした。
衣装は様々な色のチェック柄の生地を組み合わせた衣装。
夏焼はキャメル色のハットを被っていました。
リボンなどのないウール地のシンプルな帽子でした。
こちらの記事に写真がたくさんあります。
https://news.dwango.jp/2017/07/23/141688/idol/
https://news.walkerplus.com/article/115780/
https://www.barks.jp/news/?id=1000144952
http://girlsf.jp/entertainment/21541

01.fun fun fun
02.ウワノソラ

MCの並びは左から二瓶,夏焼,小林
で挨拶して自己紹介。

二瓶:人生初のワンマンライブ!
   ビビりまくってるんですよ。

小林:今日は初の単独ライブ!
   今年で一番の元気を出していって下さい!

最初と最後に自分の名前を言った小林に。

夏焼:名前2回言うっていいね。
   真似していい?
   夏焼雅です。
   やっとワンマン。
   昨日寝れなくて
   こんな真夜中にTwitter迷惑だろうなと思って。
   夏焼雅にしっかりついてきて下さい。

二瓶:ピンクの新しいグッズ持ってる方が。
   ウサギのやつコラボすることになって、
   練って練って作り上げたので。
   うさちゃんのペットボトルホルダー。
   水飲みつつ、盛り上がりつつ、浸って欲しい。

コラボ賞品なのでPINK CRES.の公式サイトにはなく、
http://www.pinkcres.com/topics/topics-170719_1600.php
コラボサイトの方に載っています。
http://gonoturn.com/news_detail.html?news_id=145

夏焼:今日限定で写真が入ってる。

インスタで愛理が実演してます。
http://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t50.9793-16/19386041_109030999759515_3649819725891895296_n.mp4

ここでDJ紹介。

小林:DJ JURI!

https://twitter.com/dj_juri

夏焼:ダンサーもいるので後ほど紹介したいと思います。
二瓶:次は初披露の曲。

03.片隅
04.ラスラブ
05.Sing to The SKY(未音源化楽曲?)

上手にはけて、
二瓶とダンサー4人が登場してダンスパフォーマンス。
途中から煽りが入って掛け声が入るようになりました。

「HELLO! DRIVE! -ハロドラ-」の続き。
スペシャリストに電話するお仕事インタビューコーナー。
小林はアパレルで接客をした事があるということでした。
インタビュー相手は栄のガールズバー「PINK」で働いてる
という設定の二瓶演じるチャラい「ギャルにへ」。
働くきっかけは大学の単位が取れなかったから。
三度の飯よりテキーラ。
ギャルにへと仲良くなる方法は握手会。
ガールズバーでCDを出しているらしい。
モットーは「もっとお金持ちになりたい」。
色々すごい。(笑)

ラジオ番組が終わってDJ JURIが繋いで、
衣装は紺色に「P」という字がどこかに入った衣装。
ドワンゴの方の記事に写真があります。

06.Tell me why
07.Warning〜未来警報〜

白い背もたれ付きの椅子が登場して、
ハート型のキャンディを持って、

08.LOVE CANDY

暗転してMCの並びは左から小林,二瓶。

小林:椅子って座ることしか知らなかったから、
二瓶:こうしたり、こうしたり。
小林:歌割りにラップって書いてあって、
   ゴリゴリのラップじゃん!
   どうやって言おうかなって考えたり。
二瓶:どこ?
小林:「惚気たい(のろけたい)」とか。
   15パターンくらいケータイで録音して。
二瓶:聞きたいよ。
小林:やんないけどさ。
客:エー?

M-lineファンクラブに入れば機会があるかもしれないそうです。(笑)

小林:にへがダンスコーナー。
二瓶:裏で靴を履き替えなきゃいけなくて
   ダンスが好きってこの業界入ってきたので、
   ダンスコーナー作ってくれたことが嬉しくて。
小林:ここからカバー曲コーナー。
   私たち9曲しか持ち歌がない。
  「Summer wonderland」
  「LOVE CANDY」
   を提供して下さったPLΛTINUMのYUCCOさんの曲を2人で。

2人で「よろしく」と握手して椅子に座って、

09.I Wish(PLΛTINUM)/小林,二瓶

暗転して退場して夏焼のソロMC。

夏焼:みなさん二人に癒やされましたか?
   ここではフリートークで、
   PINK CRES.以外だとViVi girlを。
   ViViご存じですか?
   昔から大好きな雑誌で、
   Instagramを始めてから声がかかった。
   最近、これもInstagram。
   すごいよInstagram!
   リンダさんというデザイナーさんからDMが来て、
  「コラボしませんか?」
   スヌーピーと私、
   コラボすることになりました!
   銀座三越のスヌーピー展をやる。
   アイテムをコラボ。
   バッグを。

ここでスペシャルゲスト登場。
PLΛTINUMのYUCCOさん。
並びは左から夏焼,YUCCO。
でYUCCO自己紹介。

夏焼:川崎のリリイベにPLΛTINUMのファンの方も来てて、
  「PLΛTINUMファミリーで駆けつけるので」

PLΛTINUMファミリーの方々は後方に固まっていました。

夏焼:YUCCOさんはPINK CRES.のお姉ちゃんみたいな存在。
   歌も難しくて。
YUCCO:「fun fun fun」カラオケで歌った人?

客の反応薄くてお怒り。(笑)

夏焼:(「キレイ・カワイ・ミライ」の)Baby Girlも
   Berryz工房だったら「ベビガー」
   YUCCOさんは「baby girl」(R強調)
   ハロプロにはないやつ!

つんく♂はあえてダサくするのが好きで、
英語もわざとカタカナ英語にして言葉遊びをしますからね。

YUCCO:私が歌詞を書きに海外行ってた。
   みやからメールが来て
  「Baby Girl録り直ししたい」
   みやはレコーディング早く終わらせたいタイプ。
夏焼:初めてやった。
   録り直し。
  「Baby Girl」が子供っぽくなっちゃう。
   (その方が)好きって言ってもらえる方も居るけど。

夏焼:YUCCOさんに聞きたいことが。
   メンバーの第一印象。
YUCOO:にへは強そうに見えてガラスのハート。
   一番女の子。
   負けたくない。
   ひかるは超おもしろいの。
   すっごい天然。
   ほめて伸びるタイプというより
   叱ると影で練習。
   雅はね、私に似てんの。
   リーダータイプ。
   努力を二人に見せない。

ここでYUCCOがメモリストに気付いてイジりました。
私じゃなくて最前列最中央の方です。
夏焼はずっと気付いてたけど今まで言わなかったそうです。

夏焼:記念に残してくれる。

飯田圭織現場の私と同じような事言われてる。(笑)

YUCCO:めっちゃリーダータイプ。
   2人のお姉さん。
夏焼:ちなみに最初は?
YUCCO:派手じゃん?
夏焼:一緒!
YUCCO:わがままなのかな?
   レコーディングは早く帰りたがる。
   PINK CRES.めっちゃ仲良い。
夏焼:ホント可愛い二人が。

10.Song 4 U(PLΛTINUM)/夏焼,YUCCO
11.Happy Happy Coming(カバー曲:カバー元不明)/PINK CRES.,YUCCO

11.では手振りがフリコピ文化があるハロプロ独特のコピーになり、
世間では一般的なミラーではないことに
YUCCOさんが少し戸惑ってたように見えました。
私の思い込みかもしれませんが。
途中からダンサー二人がシャボン玉を客席に飛ばしてました。
夏焼があからさまに徳永と鈴木に手振りレス。(笑)

DJを紹介して、

12.It's YOU(PLΛTINUM)

12.の後半でCall & Response

二瓶:all right
客:all right
二瓶:all right
客:all right
二瓶:all right
客:all right
二瓶:all right
客:all right

二瓶:ララ It's all right
客:ララ It's all right
二瓶:ララ It's all right?
客:ララ It's all right?
夏焼:ラララ PINK CRES.
客:ラララ PINK CRES.
二瓶:ラララララ PINK CRES.
客:ラララララ PINK CRES.

13.Summer wonderland

13.でタオル回し。

夏焼:持ってない人は一緒に踊ってね。

曲中でジャンプするタイミングですが、
メンバーがカウントを入れてました。
「スリー・トゥー・ワン・フー!」
の「フー!」のタイミングです。

アンコールは「ピンク!」でしたが、
すぐに誰かが気をきかせて合間に早口で「クレス!」を挟んできて、
「ピンク!」「クレス!」に。
再登場したメンバーの衣装はツアーTで下は黒系のミニスカ。
詳細は記事の写真参照。
MCの並びは左から二瓶,夏焼,小林。

夏焼:ピンクコールありがとうございます。
   どう来るのかな?って思ってたらピンクコール。
客:クレスある!

「ピンク!」「クレス!」コールを再現して、

夏焼:すっごい好きだよ。そういうの。
   もう一回聞きたい。

もう一回実演して、

二瓶:ひかるが「Yes!って言ってるよ」って。

そして感想。

二瓶:20歳までこの世界入ったことないので、
   1年前の自分には信じられない。
   人生何があるか分からないなって。
   みやちゃんを知らなかったら、
   Berryz工房を知らなかったら、
   ここにいない。
   PINK CRES.って不思議だなって。

小林:1年半前ぐらいにオーディション。
  「なんでこんなポンコツ野郎を?」
   って思った方も中には。
   私も映像見て酷いなって。
   体が硬すぎてスタッフさんに
  「お前、木だろ?」って言われて。
   リーダーがホントみやちゃんで良かった。
   一緒に入ったのが性格真反対。
   リハとか積み重ねてにへで良かった。

夏焼:みやはハロプロキッズから15周年。
   人生の半分ハロプロ。
   ハロプロ卒業するってなって不安も。
   やっぱり歌が好き。
   ステージに立つのが好き。
   新グループオーディションやるって聞いて嬉しかった。
   今日は二人に手紙を。
2人:エー?(両手で頭を抱える)
夏焼:どっちから読もう。
   ひかるへ。
   いつもおっとりしてるけど、

二人の涙を見てもらい泣きする夏焼。

夏焼:なんで私も泣くの?

次は二瓶。
背を伸ばして両手を下に突き出して覚悟を決める二瓶。
内容は省略。

夏焼:初めてメンバーに手紙書いたかも。
二瓶:(赤と白の封筒を見て)
   可愛い!
   どこで買ったんですか?

そこ?(笑)

夏焼:これは渋谷。
   二人に会えて良かった。
二瓶:ちょっとハグしていいですか?

3人集まってハグ。

ここでダンサー紹介。
ダンサーはYURI,SAYUKA,SHOKO,KAYOKO
と聞こえたけど裏が取れてないので自信なし。
子で終わる名前に世代的に親近感を感じます。(笑)

14.キレイ・カワイ・ミライ

14.で枕が登場して枕投げ。
ベージュ色のファーが付いたフレームも小道具として登場。
お立ち台が3つ登場して、
中央前が夏焼で小林と二瓶は両サイド後方。

21:14に終わりましたがダブルアンコール。
徳永と鈴木もアンコールしてました。
鈴木の隣の一番ステージに近い席にYUCCO。

MCの並びは左から二瓶,夏焼,小林。

夏焼:ありがとうって出てきたはいいけど、

15.fun fun fun

最後にダンサー4人とDJを合わせた8人が並んで万歳。
3人残って辞儀するも、
2人がお辞儀してるのに気付かない天然小林。(笑)

夏焼:(2階下手を指して)
   あそこに誰かいるー!

21:21に終演しても客席にサイリウムを振ってる
ノリノリな徳永と鈴木でした。


[感想]

初単独とは思えない完成度や客への配慮。
大ベテランがいるからですね。

音楽性はハロプロとは違い、
韓流っぽかったり、
小室ファミリーっぽかったり、
なんとなくどこかで聞いたことがあるような感じの曲が多かったです。
つんく♂曲のように変化を付けたり不意打ちしたりすることがないので、
曲をよく知らなくても気軽に楽しめるタイプの音楽です。

ダンスが好きという二瓶さんですが、
そんなに上手だという印象は残りませんでした。
体が柔らかそうで足はきれいに上がってました。
少しハスキーな声が印象的で「ギャルにへ」面白かったです。

小林さん可愛い。

夏焼さんは流石です。
パフォーマンス力はもちろんですが、
このグループをちゃんと育てようという気合いを感じました。
【アップフロント総合の最新記事】
posted by 三枝(さいぐさ) at 2017年07月24日 22:01 | Comment(0) | アップフロント総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする