2015年11月11日 01:32

高橋愛およびチーム・負けん気選抜メンバー出演 即興&演劇「楽屋〜負けん気〜」(新宿1回目&2回目)ネタバレ注意

今日は18時半と20時半から新宿シアターモリエールで上演された
即興&演劇「楽屋〜負けん気〜」
を観てきました。

出演者は

高橋愛,吉川友,
後藤夕貴,橋本愛奈,諸塚香奈実(以上、チャオ ベッラ チンクエッティ),
仙石みなみ,古川小夏,森咲樹(以上、アップアップガールズ(仮))

以下、ネタバレします。


[会場]

ロビーのグッズ売り場で、
握手会対象商品を販売していました。

パイプ椅子の座席配置は左前列から

3,8,0
4,8,4
4,8,2
4,8,2
4,8,4
4,8,4
3,8,4
3,8,2
4,8,4
4,8,4
4,8,4
4,8,4

の12列で
一番後ろの壁沿いに関係者席が14席。

座席番号は左からで、
左ブロックが3席の所は席番が2番から始まります。
右ブロックが2席の所は出入口になっています。

収録用のカメラは見あたりませんでした。

ステージの高さは45センチくらいで、
奥に衣装掛けとステージ衣装。
右奥に実際に回っている扇風機。
中央に長机があり、
机の上には電気ポットや紙コップやティッシュボックス。
机の周りには椅子が7つと
2リットルのペットボトルが入ったクーラーボックス。


[配役とあらすじ]

役名はそれぞれの公式愛称。
年齢設定も実年齢通り。
高橋が既婚者というのも現実通り。

高橋は負けん気ガールズというアイドルグループのプロデューサーで、
元国民的アイドルグループの6代目リーダー。
高橋以外の7人が負けん気ガールズのメンバーでリーダーは後藤。

メンバーの衣装は白いへそ出し脚出し衣装。
高橋はOL風衣装で登場時はサングラスをかけています。

メンバーのキャラは基本的には普段のイメージ通りですが、
仙石はさとう珠緒や小倉優子のようなぶりっ子アイドルで、
橋本は酒飲みでネガティブなやさぐれキャラ。

昼公演を無事に終えて、
シークレットゲストが出演する夜公演に向けての反省会の最中に
あるメンバーが辞めたいと言い出します。
辞めたいと言い出すメンバーは回替わり。
辞めたい理由が正当な理由になっているかどうか判断した結果、
最終的に辞めないことになります。
実は現役復帰するプロデューサーがシークレットゲスト。
夜公演に向けて円陣を組んで終わり。
「がんばっていきまっしょい!」

ステージ上で歌うことはありません。


[1回目]

17:49に会場前のガードレール沿いに整列開始。
18:07に開場。
アプガの佐藤,佐保,新井の3人が観に来ていました。
18:36にBGMが流れて暗転して開演。

最初に辞めると言い出すのは吉川。
ずっと休みが取れなかったので海外に行きたい。
そのあとは負けん気ガールズを世界に広める
マネージャーになりたい。
ということでマネージャー適性テスト。
わがままアイドル古川に振り回されたあげく
マネージャー不合格でアイドルを続けることに。

次に辞めたいと言い出すのは橋本。
酒焼け声がスナックのママみたいで
アイドルに向いてないという橋本に対して
「スナックママアイドル」をやればいい
という提案があって適性テスト。
橋本ママの所に次々と相談者が来ます。
ダイエット相談に来る古川。(1番必要ないはず)
友達と同じ男の人を好きになった諸塚。
その友達の仙石。
その二人を二股かけてるプレイボーイ役の後藤。
橋本ママの元彼の吉川。
ビシバシ仕切ってスナックママアイドル合格。(笑)

なぜかマネージャーの見本をやらされる高橋。
わがままアイドルは森や吉川。
やっぱりマネージャーは向いてないことに。

カーテンコールの並びは左から
古川,仙石,吉川,後藤,諸塚,森,橋本,高橋
で後藤の仕切りで挨拶。

吉川のマネージャーっぷりを褒める高橋に

メンバー:怖い怖い!

橋本:高橋さんにスナックママ褒められたから
   考えていこうかと。
古川:みなさん(橋本の店に)行きたくなった。
高橋:私、マネージャーじゃなかったのに!
   マネージャーって大変。
メンバー:(後方の関係者席に向かって)
   いつもありがとうございます。

19:37に終了。


[2回目]

20:31に開演。

最初に辞めると言い出すのは古川。
女優になりたいと言い出すので女優適性テスト。
映画を見終わって公園デート中に
彼氏役の森が刺激が欲しいから海外旅行に行くと言い出す。
そこに通りがかる変な女性外国人役の仙石。
森は仙石とアメリカに行くと言い出す。
そこに古川の父親役の田中邦衛風の吉川。

吉川:釧路に帰ろう。
客:富良野!

チンピラ役の橋本と諸塚に絡まれて訳分からないことに。
結局、女優失格。

次に辞めたいと言い出すのは諸塚。
もう26歳だしそろそろ結婚しろと親に言われてる。
記憶力がなくて振り付けや立ち位置を間違えたりする。
「前からでしょ」という後藤の突っこみ。(笑)
その判断は間違ってるということで判断力テスト。
残りの6人がトランプの1から6の番号を引きて小芝居をし、
番号で決まった序列を当てられるかどうかテスト。
トランプが7枚あって高橋も参加。(笑)
仙石が掃除のおばさん役で他の6人は劇団員役。
1番先輩の橋本が稽古前夜に飲み過ぎて頭痛。
注意できない他の劇団員を見かねて注意する古川。
これらのやりとりを見て7人の序列を言い当てたら正解。
諸塚が判定した序列は
橋本,古川,高橋,吉川,後藤,仙石,森
で正解は仙石と森が逆。
難しかった吉川の順位を当てて、
なぜ仙石の順位を間違える?(笑)
ということで辞めるという判断は却下。

次に辞めると言い出すのは仙石。
誰も止めてくれない状況に焦って
なぜかアイドル性をアピールし始める仙石。(笑)
アイドル性テストは6人のアテレコに合わせて
仙石がアイドルらしく演技をするというもの。
トイレに行かないはずの仙石がトイレに行かされたり、
変な物を食べさせられたり。(笑)
友達役にされた高橋も無茶振りアテレコに合わせて演技。
あいりん星のポーズとみこりん星のポーズが完成。(笑)
サタデー・ナイト・フィーバーのジョン・トラボルタ風です。
トイレに行かされる所で終了。

吉川:高橋さんのトイレの続き見たかったんですけど?

カーテンコールの並びはメモし忘れましたが、
1回目とは違いました。

橋本:高橋さんにタメ語使うのドキドキして。

重度の松浦・高橋ファンですからね。

古川:稽古期間が短かったので終って安心。
森:アテレコで
 「高橋さんにどこまでやらせていいんだろう?」
 「どうしよう!」
  って思って。

21:35に終了。


[握手会]

握手会のために一度退場して外に列を作って入場。
中で奥からアプガ、チャオベラ、吉川の入り口。

椅子が撤去されてステージ前が握手会スペース。
左からアプガ、チャオベラ、吉川。
アプガは左から古川,森,仙石で左から。
チャオベラは左から後藤,諸塚,橋本で右から。
ペースは一人10秒くらい。

時間が遅いので握手会には参加しないで
急いで帰るつもりでしたが、
1回目を観て感想を言わずに帰れないと思い
2回目公演前に握手券を3組1枚ずつ確保しました。(笑)


[感想]

以前、青山円形劇場で行なわれたハロプロの即興劇は
その場で打合せをしてかなりプライベートなことまで
題材にしていましたが、
今回の物は最初と最後の部分の台本や
基本的な設定が決まっていたので、
ある意味安心感がありました。(笑)

虚実入り交じっていましたが、
基本的にはそのメンバーのキャラクターに合った設定なので
メンバー同士、お互いにいじりやすかったと思います。(笑)

橋本ママの台詞の切れ味が鋭かった。
あの店で叱られたい。(爆)

みーこのブリッ子アイドルは反則です。
無茶苦茶な台詞がポンポンと飛び出して来る所も流石です。(笑)

残念ながら明日は見に行けませんが、
個人的にはこの二人の回が見れてもう満足。(笑)
【アップフロント総合の最新記事】
posted by 三枝(さいぐさ) at 2015年11月11日 01:32 | Comment(0) | アップフロント総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: